グランパスの「今日はこんな事、やってみました」

アクセスカウンタ

zoom RSS 金沢・福井に行って来ました(その4)

<<   作成日時 : 2009/09/29 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月20日(日):3日目
正午過ぎ、ホテルをチェックアウト後
義弟家族と金沢市内でお昼ご飯。
金沢市彦三町にある「釜ごはん鬼やしき」ってお店。
このお店を訪れるのは、今回が3回目。
最初に訪れたのは大学4年生の時。
学年末のテストが終わった後に、
仲の良かった6人グループで北陸旅行。
最初に訪れた金沢での食事がこのお店でした。
和の雰囲気のお店でお料理も美味しく、
ゆったりできるお店でとても気に入り、
このお店で食事するためだけに、
再度、金沢に日帰り旅行した程です。
今回はそれ以来ですから、
約15年ぶりの訪問となりました。

子供も含めて7人でしたので、
2階のお席に案内されました。
通路をはさむ形でテーブルが二つあり、
それぞれテーブルの中央には
鉄瓶でお湯が沸かされております。
まずはそのお湯でお茶をたててもらい、
お茶菓子と共に頂きます。
ちなみに、この日のお茶菓子は
先ほどデパートで買った「花うさぎ」でした。
一服した後に、おしな書きを見て注文。
定番の釜ごはん(釜めし)から季節限定のもの、
西洋風釜ごはんなど種類も豊富です。
季節限定のものは「栗」と「さんま」と「松茸」。
かなり迷いましたが、一番高い「松茸」に。

釜ごはんは注文を受けてから
生米を炊くので時間がかかります。
その間に「香の物」を追加注文。
上品な薄味のお漬物がお皿に山盛り。
定番の白菜とキュウリに加え、
味噌漬や奈良漬、たくあん、煮物など。
その時々によって出てくるものが異なります。
以前に訪れた際は、4人で注文すると
基本の白菜とキュウリ以外は
全て違う物が出されていたのですが、
今回は2人前頼んでみたものの、
お皿に乗っている物は全く同じ。
この点は少し残念でしたね^^;

お漬物をつまみにお茶を飲んでいると、
今度はテーブル中央の鉄瓶をどけて、
大きな土鍋が置かれます。
大ぶりの豆腐が入った汁物で、
今回はすまし仕立てでした。
豆腐以外にツクネのようなお団子と
シメジが入っており、少しショウガの風味が。

このお汁が炊きあがる頃に
炊きたての釜ごはんがテーブルに届きます。
「松茸」の釜ごはんは松茸山盛り。
あっさりしたお味でしたが
うま味はしっかり感じられます。
15年ぶりに頂きましたが、
やっぱり美味しいですね。

最後にデザートの果物も頂き、満腹。
最初のお茶からデザートまで
約1時間半ほどかかります。
お時間に余裕のある時はお勧めです。

その5に続く。

画像



















画像



















画像



















画像



















画像



















画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金沢・福井に行って来ました(その4) グランパスの「今日はこんな事、やってみました」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる