グランパスの「今日はこんな事、やってみました」

アクセスカウンタ

zoom RSS うどん本陣山田屋(ざるぶっかけ)

<<   作成日時 : 2005/08/07 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
てな訳で、8月5日(金)は劇団TEAM-NACSの公演を見るために高松日帰りでした。
高松に行くのに、オイラがうどんを食べてこない訳が無い。
て事で、モチロン行ってきました。

この日は、午前中は外来。昼休みは食事せず回診。
そして午後1時から大腸内視鏡検査を1件行い、午後2時に業務終了^^;
コンビニで缶コーヒー・お茶などの買い物を済ませて、高速へ。
高知から高松まで約1時間半。5時前に到着しました。

今回は以前から行こうと思いながら、なかなか来られなかった「うどん本陣山田屋本店」。
こちらのお店は香川県の木田郡牟礼町にあります。
牟礼町は高松のやや東側なんですが、讃岐うどんの名店はむしろ西讃に集中しています。
西讃は読んで字の如く、讃岐の西側を意味しています。
ですから、高松より東側へはなかなか出向く機会が無かったのです。
では、何故、この日に限ってここにしたのか?
理由は複数ありますが、一番の理由は、「水曜どうでしょう」です。
番組では3回も四国88ヶ所巡りをしているのですが、
その際に一行が必ず訪れるうどん屋が、ここ「山田屋」。
「水曜どうでしょう」ファンの間では、讃岐うどん=山田屋の図式が成り立っています。
しかも、この日は番組出演者の大泉洋さんの公演が行われる日。
案の定、お店の駐車場には「水曜どうでしょう」のステッカーを貼った車がありました。
店内にも、どうでしょうファンらしき人の姿がチラホラ。
番組内で大泉洋さんがいつも食べているのは「ざるぶっかけ」。
これは釜で茹でて水で締めたうどんをお皿に盛り、出てきます。
一緒に付いてくる薬味は、ねぎ・天かす・スリゴマ・大根おろし・しょうが・スダチ。
これらを豪快に全部うどんの上に乗せ、かけつゆを回しいれます。
で、軽くかき混ぜてから食す。「うん、うまい!」。
麺はシコシコ・モチモチの讃岐うどん。で、やや濃い目の甘辛いつゆ。
スダチ・ねぎ・大根おろしが爽やかさを演出し、ゴマが風味をプラス。
更に天かすがツユを濃厚にし、サクサクの食感がアクセントになります。
軽く混ぜる事で、色々な味が楽しめ、更に混ぜると味が渾然一体となります。
この日は更にもう一品。釜ぶかっけも注文しました。
ざるぶかっけのうどんが水で締めてキリリとしているのに対し、
釜ぶっかけは、釜揚げ直後のアツアツのうどんがお皿に盛られているのです。
麺がより柔らかく、モチモチ感がアップします。
オイラ的にはざるぶかっけの方のシコシコ感の方が好きですね。
更に、このお店は景色がGOOD。立派な日本庭園があり、
うどんが来るまで、美しい庭の景色を眺めてゆったりした気分に浸れます。

お土産にうどんを購入。この後、香川県民ホールへ。
と思ったら、うどん屋のすぐそばで、「世界の中心で愛をさけぶロケ地」の看板が。
道を左折して5キロ。本当にすぐそばです。
映画版「世界の中心で愛をさけぶ」のサクとアキが夕日を眺めながら語り合う防波堤や、
重蔵の写真館のある交差点などが、点在しています。
「山田屋」と「ロケ地」はセットで楽しめます。お勧め。
香川県民ホールには6時過ぎに到着。観劇。
終了後、高松西IC手前にあるドンキホーテに。高知にはまだ無いんですよね^^;
1時間ほど店内をぶらぶらし、入浴剤を数種類購入して、高速へ。
そんな、高松日帰りでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
うどん本陣山田屋(ざるぶっかけ) グランパスの「今日はこんな事、やってみました」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる