ロッキー・ザ・ファイナル

4月21日(土)、またまた映画です。
この日見たのは「ロッキー・ザ・ファイナル」。
シルヴェスター・スタローンの出世作、
「ロッキー」シリーズの最終章です。
一般的には1作目が最も良い出来で、
5作目が極めつけの駄作とされていますが、
オイラ的には高校生のときに見た
シリーズ4作目「炎の友情」がお気に入り。
特に、BGMが粒ぞろいで、GOOD。
サントラのレコードも持ってました。
名物の特訓シーンの「Hearts On Fire」は、
驚異的なスタローンの肉体と共に
強烈な印象で今も忘れられません。

今回の作品はというと、結構良いかも。
前作の5作目が最悪な出来だっただけに、
見終わった後は大満足でした。
今作品のテーマは「Never Gve up」。
「夢をあきらめたらおしまいだ。」と力説する
ロッキーの姿は青臭く見えますが、
言っている事がシンプルだけに、
伝わってくる部分もあります。

圧巻は最後の試合のシーン。
ラスベガスで撮影されたそうですが、
会場のエキストラは映画ロッキーのファン。
ロッキーの対する声援やコールも
全て本物な訳です。
最終ラウンドの場面では
なぜかホロッとさせられました。

DVDボックス出たら買っちゃうかも^^;

画像

















画像

















画像

"ロッキー・ザ・ファイナル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント