2009年のグランパス

さて、久しぶりにサッカーネタです。
2009年のグランパスを振り返ってみると、
昨年のリーグ3位をベースとし、
監督の切望していたリアルストライカーの
ダヴィを札幌から獲得。
ACLとの過密日程はあるものの、
期待が膨らむシーズン開幕でしたが、
ヨンセンの抜けた穴は大きく、
昨年の躍進を支えたサイド攻撃が不発。
ダヴィの個人技のみでしか得点出来ず、
マギヌンの負傷欠場も響き、
勝ち星が積み上げられない状態でした。

フロントは打開策として、ケネディを獲得。
しかし、ほぼ同時期にダヴィが中東に移籍。
一時的にチームは持ち直しましたが、
その後に獲得した三都主はボランチや
左サイドなどで活躍してくれましたが、
ブルサノビッチの獲得は・・・?
彼を起用すべく、4-4-2のシステムを
3バックや4-2-3-1など、たびたび変更。
昨年のいい時の状態に戻る事はなく、
さらに追い打ちをかけるように
楢崎の3か月に及ぶ負傷離脱。

リーグは注意に甘んじる結果に。
ナビスコ杯は絶好調の石川率いるFC東京に完敗。
ACLは楢崎不在も響きましたが、
アウェーのアルイテハド戦で、
竹内が開始6分の一発レッドで大敗。
十分な結果を残せなかった
シーズンとなってしまいました。

現時点で確定している来季の戦力は、
GK広野、DFバヤリッツァ、MF山口慶、FW新川は
契約満了で来季は契約しないようです。
またDF吉田がVVVフェンロに移籍。
かわって、浦和からDF闘莉王を、
大分からMF金崎を獲得しました。
また札幌からMFダニルソン獲得の報道あり。
戦力は少しずつアップしている印象。
ただし、今季もチームに十分フィットしていなかった
ブルサノビッチの残留が悪影響を及ぼさないか、
そこが心配されます。選手時代のピクシーの様に、
2年目のブレイクを期待したいですが、
天皇杯の試合を見るにつけ、
単純なパスミス、怠惰な守備、
ドリブルなどでのボールロスも多く、
彼の良さが見出せません^^;

ま、それはさておき、本日は天皇杯決勝。
10年ぶりの決勝進出で、勝利すれば
来季のACL出場権も得られます。
対戦相手のガンバ大阪は、
今季のリーグ戦では2試合とも
劇的な勝利を収めましたが、
相手の考えられないミスで得た
タナボタ的な勝利であり、
かなり厳しい戦いになりそうですが、
TV観戦で応援したいです。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック