京都に行って来ました2009(その6)

10月18日(日):3日目
午前7時半過ぎに起床。さて、待望の朝食です。
前述したようにこちらのお宿は2007年以来、
今回が2回目の宿泊だったのですが、
同じお宿にもう一度宿泊しようと思った
最大の理由は実は朝食なのです。
1階のダイニング旬膳「瑞禾」で頂く朝食は、
おくどさんの羽釜で炊いたご飯が抜群。
炊きたてのホカホカご飯に丹波の地鳥の生卵。
この組み合わせで作る卵かけご飯は、
「日本に生まれて良かった。」と思わせる一品。
あまりの美味しさに食べるのに夢中で、
画像抑えてませんでした、スミマセン^^;

もちろん、生卵以外にも地元の食材を使った
美味しいお料理が朝から山盛り。
お宿特製のヨーグルトドリンクもGOOD。
昔から温泉旅館の和朝食は大好きで、
いつも朝からご飯を何杯も頂くのですが、
この日もガッツリ頂いちゃいました。

朝食後は満腹のお腹を落ち着けるために
お部屋で休憩、更に部屋付き露天で入浴。
チェックアウトギリギリの時間まで
お部屋でまったり過ごしました。

チェックアウト前に土産物コーナーでお買いもの。
お宿の備品から丹波の食材、雑貨など、
商品が充実しているのも嬉しいですね。
この日は丹波の栗と枝豆が並べられており、
思わず両方買ってしまいました。

チェックアウト後は車でドライブ。
お昼過ぎに神戸元町に到着。
100円パーキングに車を駐車して、
歩いて神戸南京町(中華街)に移動。
お昼ご飯は中華街の水餃子専門店に。
細い路地を入った所にある「上海餃子」ってお店。
注文したのは「盛り合わせ水餃子」1200円。
ニラや海老、貝柱、冬瓜、豚肉など
色々な具の入った水餃子は、
具のお味がしっかりしているので、
タレを付けずに頂いても無問題。
ぷりぷりの皮とジューシーな具、美味。

阪神高速神戸線から第二神明を通り、
明石大橋→淡路島→鳴門大橋で徳島に。
高松道から高知道に乗り、午後7時過ぎ帰宅。
そんな2泊3日の旅行でした。

画像















画像



















画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック