久々の快勝、J1リーグ第22節

8月19日(土)、J1第22節が開催されました。
我らがグランパスはアウェーで千葉と対戦。
前節の不甲斐ない試合内容から
この日はスタメンを少し入れ替えてきました。
GKは楢崎、DFは三都主・吉田・増川・バキ。
しかし、試合開始直後に三都主をMFに上げ、
左から増川・バキ・吉田の3バックにしたようです。
中盤はボランチに中村・吉村の村々コンビ。
攻撃的な位置に小川とブルサノビッチでしたが、
三都主が左に入り、3-5-2のシステムに移行。
FWはケネディ・玉田の2トップでした。

久しぶりに先発した吉村が攻守に奮闘。
守備が安定しただけでなく、積極的に攻撃参加。
期待以上の活躍だったと思います。
4バックから3バックへの移行もスムーズ。
当初、右サイドの予定だったバキは
CBでも問題無いのはもちろん、
中盤に上がった三都主に関しては、
守備の負担が減るこちらの方がベター。

右サイドの小川からピンポイントのクロス、
ケネディがプッシュして先制点ゲット。
その後、ブルサノビッチの惜しいシュートも。
後半に再び小川のクロスから、
玉田がダイビングヘッドで追加点。
2-0のスコアで完勝しました。

試合内容はまずますでした。
ブルサノビッチも調子を上げていますが、
連携面はまだまだ不十分ですし、
持ち味のサイド攻撃が活かせたかと言えば、
決してそうではありません。
対戦相手が千葉だから通用したのでは、
と言う感は否めません。
この点は次節のG大阪戦が
一つに試金石になりそうです。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック