新戦力は機能せず、J1リーグ第21節

8月15日(土)、J1リーグ第21節が開催されました。
我らがグランパスはACLでも対戦する予定の
川崎フロンターレとホームで対戦。
スタメンはGKは楢崎。注目のDFラインは、
左から三都主・吉田・バキ・竹内。
CHに中村・小川を起用し、トップ下には
左からマギヌン・ブルサノビッチ・玉田を並べ、
ケネディの1トップと言う4-2-3-1のシステム。
いきなり新戦力2人をスタメンで起用。

しかし、戦前から危惧していた通り、
このシステムが機能せず、苦しい展開。
しかも慣れない守備的な位置に入った小川が
中盤でボールを奪われ、ジュニーニョが先制ゴール。
ここからさらに悪循環に陥る展開。
特にブルサノビッチのポジショニングが悪く、
攻撃が単発で終わる事の連続。
時折鋭い動きは見せていましたが、
まだまだ戦術的にフィットしていません。
三都主も存在感は抜群でしたが、
決定的な働きは出来ませんでした。

結局、最後まで歯車は噛み合わず、
0-2のスコアで完敗でした。
ケネディ加入で取り戻しかけていた
昨年のいい時のシステムと戦術が、
ブルサノビットの加入で再びバラバラ。

短期間で熟成させるのは厳しそうです。
正直言って、今季のリーグは絶望的。
来季、ACLに出場出来る3位以内も難しい状況。
となると、狙うは今期のACL。
しかし、その対戦相手となる川崎に
こう簡単に負けてしまうとキツイですね。
駒はそろっていると思うので、
ACLまでにきっちり仕上げて欲しいです。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック