FC東京に大量失点で連敗

7月12日(日)にホーム瑞穂でJ1リーグ第17節、
7月15日(水)に味スタでナビスコ杯の初戦、
2試合続けてFC東京と対戦しましたが、
0-3、1-5の大差で敗戦。
FC東京が好調という事もありますが、
守備陣がいいようにやられてしまい、
攻撃陣も決定力を欠く展開。

守備陣が崩壊、特に左サイドがひどい状況。
ナビスコ杯では試合経験に少ない
佐藤が先発だったのですが、
DFラインがズルズル下がってしまい、
相手のいいように攻撃される展開。
かと思えば、一発で飛び込んで
相手にかわされ、どフリーにする連続。
増川も負担は大きかったかもしれませんが、
全くなす術がないといった感じ。
自殺点の場面は不運だと思いましたが、
それまでの増川自身のプレイも
ひどい内容でした。

攻撃陣は、移籍の決まったダヴィは
最後まで連携面でフィットせず。
マギヌンはイライラでラフプレイ連発。
玉田が入ってボールは回せるようになりましたが、
中盤で組み立てるため、前線が手薄に。
2試合で小川のヘッドに1点のみ。

チーム状態は最悪です。
しかし、ダヴィが移籍でいなくなり、
次試合からはケネディが加入。
バヤリツァも再来日し、
吉田もけがから復帰が近い様子。
楢崎の体調不良は少し不安ですが、
1からやり直すしかないですね。
昨年の開幕時の原点に立ち戻り、
再浮上のきっかけを掴んで欲しいです。

今夜は京都戦です。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック