スコアレスドロー、J1リーグ第8節

4月29日(水)、ゴールデンウィークの初日。
J1第8節が開催されました。
我らがグランパスはホームで広島と対戦。
この日も、玉田とマギヌンが怪我で欠場。
更にバキが家庭の事情(個人的な事情)で帰国。
レギュラークラスが3人不在での試合。
スタメンはFWにダヴィ・巻の2TOP。
中盤は小川・吉村・中村のいつものメンバーに加え、
阿部・田中をサイドハーフに起用した3-5-2。
DFラインは竹内・吉田・増川の3バック。
GKは守護神楢崎の11人。

試合の方は前半はダヴィ・巻の2トップが
前線から積極的にプレスをかけ、
中盤の高い位置でボールを奪い、
終始、ゲームを支配していた印象でした。
巻のヘッドがバーを叩く場面もありましたが、
なかなか決定的な場面は作れなかった印象。
後半は吉村に代え山口をまず投入。
連戦の疲れを考慮してのものでしょうか。
次に、巻に代えて杉本を投入。
更に竹内に代えて花井を投入し、
4バックに移行したようですが、
最後まで得点を奪えずドロー。
特に後半は疲れのためか運動量が落ち、
広島にいい形を作られる場面も。
相性のあまり良くない広島相手に、
連戦の最中にドローで勝ち点1は妥当な結果か。
0点に抑えた守備はOKですが、
得点が奪えないのは・・・。
玉田の復帰が待ち遠しいですね^^;

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック