アウェーで勝ち点3奪取!2009ACLグループ予選第4節

4月22日(水)、ACLグループリーグ第4節。
我らがグランパスは、アウェーでニューカッスルと対戦。
怪我の玉田はこの日も欠場。
必然的にダヴィの1トップとなり、
DFは増川・吉田・バキの3バック。
右サイドに竹内が久々の先発、
左に阿部、中盤の底に吉村、
トップ下に小川とマギヌンが位置し、
中村は2列目とボランチの中間で
両方に顔を出すような形でした。

試合開始から10分ぐらいまではドタバタ。
決定的な場面も作られましたが、
相手の詰めが余った事もあり
何とか失点せずに済みました^^;
その後はしだいにグランパスペースに。
両サイドの竹内・阿部が4バックの時より
高い位置におり積極的に攻撃参加。
効果的なサイドチェンジも見せ、
良い感じでゲームを進めておりました。

前半途中でマギヌンが相手と交錯し、
負傷交代で杉本を投入。
スコアレスで前半終了した後、
後半12分に小川のゴールで先制。
ここからしばらくの間は完全に名古屋ペースでした。

しかし、後半25分過ぎから相手の流れに。
プレスをかけるタイミングがずれ、
単独でボールを奪いに行くケースが目立ち、
パスでかわされて、責められるパターン。
更に後半30分過ぎにバキが不用意に
相手を倒してしまいPKを与える始末。
恋に相手を倒した訳ではなく、
ボールを追う際に相手と足が絡んだのですが、
ペナルティーエリア内でのプレイでもあり、
軽率と言われればそれまでと言う感じ。
これまでにも何度か見られたプレイで、
正直、「またかよ・・・」て思いました^^;
が、そこは守護神楢崎の独壇場。
相手のキックも中途半端でしたが、
見事にPKをセーブしてくれました。

ここからは選手全員が集中し、
なんとか0-1で逃げ切りました。
終盤は大きなサイドチェンジや
DFラインからのロングフィードがばしばし通り、
杉本が高い位置でボールを持つケースが目立ちましたが、
竹内と交代で入った田中との連携が最悪。
二人の位置取りが重なって、
持ち前のスピードを生かせない展開。
この辺の連携はどうにかして欲しいですね。

とにかく、アウェーで貴重な勝ち点3ゲット。
次節はホーム瑞穂で蔚山現代と対戦。
ここで勝利すればグループ1位が確定します。
しかし、26日に横浜FM戦、29日に広島戦。
この両試合はホーム瑞穂で開催。
更に、5月2日に京都戦が控えています。
名古屋から比較的移動の少ない
京都でのアウェー戦になりますが、
ACLの蔚山現代戦は、この後の5月6日。
4月18日の柏戦から、20日間で6試合。
またまた過密日程です。
この日もマギヌンが負傷交代しており、
怪我人が出始めているのも心配。
苦しい戦いが続きそうです^^;

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック