CR花の慶次~斬

3月10日(火)、仕事帰りにパチンコ屋へ。
ニューギンの大ヒット作、「花の慶次」の第2段、
CR花の慶次~斬」が前日の月曜日、
高知にも一斉に導入されました。
新台入れ換え2日目のこの日を狙って、
近所のホールに寄り道した訳です。

店に入って早速、シマをのぞきましたが、あいにく満席。
立ち見の人もチラホラおり、とても座れそうにありません。
仕方なく、スロットのハードボイルドを打つ。
1000円でビッグを引きましたが、
バレットラッシュには突入せず。
持ちコインを打ち込んで、やめました。

で、あきらめて帰宅する前に、もう一度、
慶次のシマをのぞきに行くと、空き台が1台。
ラッキーな事に目当ての台に座れちゃいました。
さすがに新台入れ替え直後です。
1000円で25回点前後回ってくれます。
で、5000円ほど投資したところで、
「傾奇モード」に突入してくれました。
セグ判別はまだ出来ないので、そのまま続行。
すると、デジタル開始時に液晶画面の左下に
おまつ(前田まつ)が登場して、
「潜んでおります」とのセリフが^^
その後、「傾奇モード」を抜けて、
すぐさま「極傾奇モード」に突入。
前作ではあまり期待出来なかった
「伊達政宗」リーチで大当たり。

大喜びしたのもつかの間、
ここからが肝心の「真戦モード」で
一度も城門に到達する事なく
「殿モード」に転落してしまいました^^;

気を取り直して、持ち球を打ち込み、
全て飲まれる手前で再び「傾奇モード」に。
またまた、おまつ殿が登場し、
「潜んでおります」のセリフ。
今度は擬似連3回から「もののふチャンス」。
「奥村助右衛門」リーチで「朱槍可動体」が動き、
「傾奇御免」炎上から強リーチに発展。
「七」「壱」のツーラインリーチだったのですが、
「弐」で止まってハズレ。目が点になりました。

が、ここで赤色のふすまが閉まり、
再びふすまが開くと同時に、
盤面右の「前田家紋可動体」が回転し、
ふすまの奥から慶次が再登場。
「だが、それがいい」のセリフで復活大当たり。

しかし、しかし、この大当たりで突入した
「真戦モード」がまたまた城門到達せずに
「殿モード」に転落してしまいました。
一箱強の持ち玉を全て打ちこんで、
この日の初打ちは終了しました。

慶次の醍醐味である連チャンはありませんでしたが、
大当たり→2R通常のワンセットも
ある意味、慶次の慶次たるところです^^;
短時間にリーチ演出などは十分楽しめました。
これからどんどん釘が渋くなるのでしょうが、
かなり良い台に仕上がっているようです。
エヴァの新シリーズが導入される
4月頃が狙い目になりそうです。
近いうちに、休日朝市で勝負したいですね。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック