『下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。』(TEAM NACS)

3月21日(土)、大阪のシアターBRAVA!で行われた
TEAM NACSの第13回公演を見て来ました。
今回のタイトルは、
 『下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。』です。

とある町に住む5人の兄弟のお話。
長男の大造(森崎)は10年前に亡くなった
父親の後を継ぎ、ギター教室を経営。
三男:剛助(安田)は結婚し芸能事務所を
経営しているが、借金でお金に困っている様子。
4男:健二(大泉)は引きこもりの盗聴マニア。
5男:修一(戸次)は大手楽器メーカーに就職、
社長令嬢との結婚の話が持ち上がっている。
そして、二男の大洋(音尾)。
彼はずいぶん前に父親とけんかして
家を飛び出し、音信不通。
父親の10年祭を終えた春のある日に、
突然、行方不明だった次男が帰宅し、
大騒動に発展するといったもの。

ここからはネタばれを含みますのでご注意を。

ほぼ定刻の午後1時過ぎに開演。
幕が開くと、舞台の下手にいきなり、
全裸でお尻をこちらに向けている剛助(安田)が。
またまた今回も反則すれすれの演出で
観客の笑いを誘います。

物語の序盤は兄弟の紹介。
5人の兄弟以外に、3男剛助の奥さんや、
5男修一の婚約者など登場しますが、
これらのキャラも全てNACSの5人が演じます。
ですから、もちろん女装w
物語の中盤で二男太陽が登場。
ここから物語は急展開し、
最後はいつものホロっとさせる展開に。

これまでの作品はリーダーの森崎さんが
脚本を手掛けていたと記憶していますが、
今回の作品は大泉洋が脚本・演出との事。
しかし、NACSのカラーはそのままで一安心。
笑いあり、涙ありの2時間余り。
これで、入場料が6000円。
全然ありだと思います。
次回作はいつの事になるのかな~?

画像


















画像



















画像



















画像



















画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック