大雪の舞う中ドロー、J1リーグ第2節

3月14日(土)、J1第2節が開催されました。
我らがグランパスはアウェーで山形と対戦。
J1初昇格の山形が初のホーム開催と言う事で、
この日はNHKが総合TVで生中継。
キックオフの午後4時前からTV観戦となりました。
スタメンは左サイドバックに阿部が復帰。
バヤリッツァが怪我の精査のため帰国中で、
ACLに引き続き吉田がCBで先発。
その他は前節と変わりなし。
中盤から前は不動のメンバーに
なりつつありますね。

試合の方は前半は完全に山形ペース。
試合開始時から雪が降る悪コンディション。
寒さのせいか、連戦の疲労のためか、
名古屋の選手は全体的に体が重い印象。
対する山形はセレッソから移籍の古橋や
キムビョンスク、秋葉などが軽快な動き。
クリアボールをことごとく拾われ、
苦し紛れのファールでセットプレイを献上。
いつ失点するかガクガクブルブルの展開でした。
しかし、そこはGK楢崎の見せ場。
神セーブを連発しておりました。
前半の終り頃には中盤も落ち着き、
時折いい形を見せるようになりました。

後半は猛吹雪の中のゲーム。
オレンジのカラーボールが導入されましたが、
ピッチもボールもかなり滑るようで、
思わぬミスが出るのではないかとヒヤヒヤ。
DFラインでしっかりボールを回せるようになり、
右サイドでマギヌン・田中・中村が連動し、
サイド攻撃から決定的な場面を作り出しました。
しかし、相手GKの清水も絶好調。
小川のミドルや玉田のボレーをファインセーブ。
杉本・巻など攻撃的な選手を投入し、
勝ち点3を目指して最後まで戦いましたが、
結局、試合はスコアレスドローに終わりました。

後半は雪の影響が多分にあったと思います。
コンディションが良ければ違った形になっていたかも。
古橋のミドルなど、名古屋が助けられた
場面もあったのは事実ですが、
後半は押せ押せムードだっただけに残念。
この時期の山形でのゲームと言う
日程が不運だったと思うしかありません。

土曜の試合を終えた段階で、
我らがグランパスは暫定3位。
可も不可もなくと言ったところでしょうか。
Jリーグの次節はホーム瑞穂で清水と対戦。
ウェズレイを筆頭に退団した選手には
手痛いしっぺ返しを喰らう事が多い名古屋。
ヨンセン・岡崎の2TOPは要注意です。
また、火曜には中2日でACLの第2節。
予選グループ最大の敵と思われる北京国安戦。
連戦になりますがホームでの対戦でもあり、
きっちり勝利して楽な展開に持ち込みたいですね。

他のチームの状況を見てみますと、
ガンバが磐田にきっちり勝利し首位に浮上。
既に怪我人も出ているようですが、
補強効果で選手層が厚く、
戦力低下は招いてないようです。
浦和はFC東京相手に勝利。
昨年は怪我で不本意だったポンテが好調。
高原を先発から外したのも良かったのかな?
逆にスタートからつまずいたチームも。
川崎は早くも神戸に足元をすくわれており、
やはりスロースターターのようです。
磐田は完全に降格候補ですね。
立て直しを図るために材料にも乏しく、
監督交代など早急に対策を講じるべきでしょうね。
FC東京も2試合で7失点と守備に不安。
こちらの方は城福監督がメンバー入れ替えを
示唆しており、今後の手腕が見物です。

画像













画像















画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2009年Jリーグ第2節 グランパス×モンテディオ △0-0

    Excerpt: 蔚山現代戦から中三日。飛ばしまくるモンテディオに前半15分までに6本もシュートを撃ち込まれながらも楢崎を中心に守備陣が最後のところで踏ん張って失点を許さず必死に応援している現地観戦組の方々には大変申し.. Weblog: ころちゃんねる racked: 2009-03-15 14:05