カタール戦(2010年W杯アジア地区最終予選)

11月19日(水)の深夜にカタール戦がありました。
実際には20日の午前1時30分からの試合でしたが、
当日は当直であったため、医局のTVで観戦しました。

試合の方は、前半早々に田中達也が先制。
後半開始早々に玉田のミドルで追加点。
その後も終始ゲームを支配し、
闘莉王のゴールでダメ押し。
アウェーの難しい試合を3-0で勝利。
久々に快勝と呼べる内容でした。

しかし実際は相手がしょぼかっただけ。
1点目はDFのクリアミスがあったし、
あの角度のない所からのシュートで、
流し込んだだけのたいして強くもないシュートで、
股を抜かれるGKって・・・、ありえません。
2点目の玉田のミドルも豪快でしたが、
実際はGKのほぼ正面のシュート。
枠の隅に行ったシュートならいざ知らず、
あれが決められるようでは、
やはりカタールのGKは・・・。
元日本代表監督のトルシエ氏が戦前に、
「3-1で日本が勝つ。
 カタールは守備が下手。」
と予想していましたが、ほぼこの通りの結果に。

守備はだいぶ安定してきた気もしますが、
中澤に比べると寺田は安定しませんね。
長友も序盤はパスミスが目立ったし。
中盤の選手はさすがの印象。
中村俊輔・遠藤は当然ですが、
長谷部がかなり効いていた印象。
やはりドイツの環境がいいのでしょうか。
FWは玉田・田中達也のコンビはなかなか。
ただ、中盤で起用された大久保が、
玉田などと重なる場面も見られ、
少しもったいなかった気もします。

いずれにしても、2位勝ち抜けで
W杯に出場出来るのは楽ですね。
ただ、フランスW杯の時のような
痺れるような展開にはなりそうにないですね。
で、結局、本選では欧州・南米勢に完敗。
ドイツの悪夢が蘇りそうです・・・^^;
次は、来年2月にオーストラリア戦。
この試合で、ドイツW杯時からの
成長と変化が図れるのではないでしょうか。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック