インディー・ジョーンズ~クリスタルスカルの王国~

6月16日(日)、家族で見てきました。
「インディー・ジョーンズ~クリスタルスカルの王国~」。
人気シリーズの19年ぶりの新作です。
主演はもちろんハリソン・フォード。
監督はスティーブン・スピルバーグ。
製作総指揮はジョージ・ルーカス。
ゴールデントリオですね。

物語はハリソン・フォードの実年齢に合わせて、
第2次世界大戦後の1957年に設定されています。
それに伴い、秘法を奪い合う相手が
前3作はナチスでしたが、今作は旧ソ連に。
ショーン・コネリー演じるヘンリー・ジョーンズ教授は、
今回は残念ながら写真だけの登場でした。

で、見終わった感想ですが、
作品自体は、ハラハラドキドキのアクションあり、
家族愛と言う製作者側のメッセージも感じられ、
良く出来た作品だと思います。
しかし、最高傑作かと言えば・・・。
続編モノに当たりが無いのは常識ですが、
これまでのこのシリーズは例外。
前3作はどれも最高傑作でした。
そんな訳で、今回も期待大だったのですが、
期待が大きかった分、なんか拍子抜け。

インディーシリーズの面白さは、
ミステリアスな謎を解き明かしながら進む
ロールプレイング的なストーリ展開の中で、
息もつかせぬアクションが
散りばめられている点だと思います。
今作もアクションシーンは、なかなかの出来。
ハリソン・フォードの年齢を感じさせない
活躍は素晴らしかったのですが、
謎解きの部分がやけにあっさりした印象。
少し前にDVDで見たディズニー映画の
「ナショナルトレジャー2」の方が
見ごたえがあったように感じました。
少し採点が厳しすぎるかな・・・?

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック