LIVE(布袋寅泰)2007

12月23日(日)、高知BAY5SQUAREで開催された
布袋寅泰さんのライブ行って来ました。
ライブネタは9月のドリカム以来ですね。
ツアータイトルは
”HOTEI & The WANDERERS
  FUNKY PUNKY TOUR 2007~2008”です。

この日の会場は高知BAY5SQUARE。
高知港のマリーナの倉庫を改造したライブハウスで、
ここ数年、地元のイベンターが好んで使用しています。
今年だけでもポルノグラフィティーや吉川晃司、
Charaなど、有名どころがライブ行ってます。
座席がないので結構な人数が詰め込めるようで、
人気のあるグループなどでは1200枚ほど
チケットが売りに出される事もあるようです。

ライブハウスなので別途ドリンクチケットを
購入する事が義務化されており、
普段はチケットをもぎってもらった後に
500円払ってドリンク券をもらうのですが、
この日は6800円のチケットで
ワンドリンク込みとなっていました。

以下、ネタバレを含みますのでご注意を。

17時25分、開演予定時刻の直前に会場入り。
ドリンク販売所で生ビールをもらい、
販売所の隅の空いたスペースに陣取りました。
ほぼ定刻の、17時31分にライブスタート。
序盤はニューアルバムからの曲が中心。
インストゥルメンタルが多い今回のアルバムですが、
布袋さんはもともと歌手ではなくギタリストなので、
結構しっくり来るものがありました。

6曲目に「BEAUTY &THE BEAST」。
アルバム「fetish」の曲ですが、
「fetish」独特の甘美でメロディアスな雰囲気を残しつつ、
かなりハードなアレンジに仕上がっており、GOOD。
その後、「SLOW MOTION」「ANGEL WALTZ」など、
懐かしい初期の作品が続きました。

その後はシングル曲の連発。
もはや定番となったス・パ・ボ(スリル・ポイズン・バンビーナ)は、
今回は大胆なアレンジがなされており、
スカっぽい感じであったり、ジャズ風であったり、
必ずしも詩の世界観とマッチしてるもの
ばかりではありませんでしたが、
これはこれで面白かったし、
布袋さんの音楽に対する懐の深さを感じられました。

今回のツアーのもうひとつの見所は、
個性的なバンドのメンバーです。
「The WANDERERS」と命名されたメンバーは、
「BLANKEY JET CITY」の中村達也(Drums)、
「Judy And Mary」のTAKUYA(Guitars)、
唯一、前回ツアーから連続参戦のJu-Ken(Bass)、
懐かしい「SOFT BALLET」の森岡賢(Keyboards)、
更に懐かしいSTEVE ETO(Percussions)の5人。

中村さんのドラムはとにかくパワフル。
アンコールの「カラス」はドギモ抜かれました。
TAKUYAは有名ですね。
布袋さんと2人並んで、布袋マークのギターで
ステージに立った時は、オッと思いましたね。
Ju-Kenは前回のツアーでも目を奪われました。
日本人離れした手足の長い体型で、
膝近くにベースを吊り下げて演奏する姿が印象的。
拳を振り上げてオーディエンスを煽る仕草もGOOD。
松井常松さんの静のベースとは対照的ですね。

そして、懐かしの森岡賢さん。
森岡さんが布袋さんのライブに参加するのは、
1995年の冬に横浜アリーナで2日間のみ開催された
「TOKYO Inter-Live '95 サイバーシティーは眠らない 」
以来、12年ぶりではないでしょうか。
当時、名古屋に住んでいたオイラは、
運良く12月22日のチケットを入手し、
横浜まで行った事を覚えています。
その時、ゼブラ柄の衣装を身にまとい、
独特の中性的なくねくねダンスで
キーボードを演奏していたのが森岡さんでした。
当時、オイラの目に焼きついたダンスはこの日も健在。
本当に懐かしかったです。

そして、パーカッションのスティーブさん。
スティーブさんの演奏を生で見るのは、
森岡さんのケースより更に古く、
1990年に名古屋レインボーホールで行われた
「COMPLEX ROMANTIC 1990 TOUR」以来です。
頭上高くにセッティングされたシンバルスタンドを
手に持ったタンバリンで打ち鳴らすスタイルに
見とれていた記憶があります。

アンコールは2回で計6曲。
「やるだけやっちまえ」から「BEAT SWEET 」は、
そのままつながる感じでしたね。
同じ会場で7月に開催された吉川晃司のライブでは、
客電が点灯した後にトリプルアンコールがあったので、
同じファン層が予想されるこの日も、
トリプルを要求して粘るのかと思われましたが、
2回目のアンコールの後、SE流れてあっさり終了。
しかし、会場前方から出てくる観客は男も女もみな汗だく。
この日のライブの尋常でない盛り上がりを感じさせました。
後方で涼しく見ていたオイラには分かりませんでしたが、
前方はとんでもない状態だったようです。
実際、バンドメンバー(布袋さん曰く「野獣たち」)も、
控え室では暑さと酸欠でグッタリだったそうです。
ライブハウスの醍醐味ですね。

以下は、この日のセットリストです。

SE SPARKLING GUITAR

01.FUNKY PUNKY
02.PEEK-A-BOO
03.日々是上々
04.ブラックカメレオン
05.レプリカント
06.BEAUTY &THE BEAST
07.SLOW MOTION
08.ANGEL WALTZ
09.ロシアンルーレット
10.スリル
11.バンビーナ
12.ポイズン
13.BAD FEELING
14.WANDERERS
~アンコール1~
15.BOY MEETS GIRL
16.C'MON EVERYBODY
~アンコール2~
17.カラス
18.やるだけやっちまえ
19.BEAT SWEET
20.DEAR MY LOVE

SE 夢中遊泳

画像















画像



















画像



















画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ 財布

    Excerpt: LIVE(布袋寅泰)2007 グランパスの「今日はこんな事、やってみました」/ウェブリブログ Weblog: プラダ 財布 racked: 2013-07-06 07:49