東京ディズニーリゾート2007その1

8月30日(木)~9月1日(土)、
東京ディズニーリゾートに行ってきました。
夏休み最後の週末と言うこともあり、
大混雑が予想されたのですが、
がんばって修行の旅に出てきました^^;

8月30日(木)、第1日目。
朝7時5分に高知竜馬空港を出発。
午前8時20分、機内で昨夜購入してあった
スタバのスコーンで朝食を摂り、羽田空港に到着。
ダッシュでリムジンバスに走り、
8時35分のバスに乗車。
9時過ぎには東京ディズニーリゾート(TDR)に到着。
ここで、奥さん子供と別行動に。
おいらは4人分の荷物を持ってホテルへ。
奥さん子供は東京ディズニーランド(TDL)に。

この日のホテルはミラコスタ。
今回もバケーションパッケージでホテルを予約。
ミラコスタ1泊と、2日間のマジックパスポート
(初日からランド・シーの行き来が可能)。
更にファストパス(FP)6枚(4人で24枚)が付属しています。
チェックインにはまだ早いので、
荷物をクロークに預けてTDRへ。
ランドではまずパークを1週して
スーベニアコインをゲット。

ここで家族と電話連絡。
奥さん子供はパッケージのパッケージに付属のFPで
バズライトイヤーに乗った後、
「イッツ・ア・スモールワールド」に乗り、
トゥーンタウンでゆっくり遊び、
お昼のショー「クール・ザ・ヒート」を鑑賞。

その間、オイラは大人気の「カリブの海賊」の行列に。
あのしょぼかった「カリブの海賊」ですが、
映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の人気で
なんと1時間待ちの大行列^^;
ジャック・スパローの人気恐るべし。
実際は40分ほどで乗車出来ました。
内容はほとんど変化無いのですが、
途中の「デイヴィ・ジョーンズ」のフォログラムと、
最後のジャックに人形はかなりビックリです。

ここで、再び奥さん子供と別行動。
オイラはスーベニアコインを集めつつ、
「プーさんのハニーハント」のFPをゲット。
実はこの日、ハニハンはシステム調整で休止中でした。
仕方がないので、トゥーンタウンの
「ロジャー・ラビットのカートゥーンスピンに。
ここも40分待ちの行列が。流石夏休み^^;
この間に、奥さん子供は「ミクロアドベンチャー!」に乗車。
オイラはがんばって一人で並んで、
頃合を見て家族を呼び合流して乗車。

時間は午後2時過ぎ。
奥さん子供は「スペースマウンテン」に付属のFPで乗車。
オイラはウェスタンランドに回り、
「ビグサンダーマウンテン」のFPを入手。
モノレールでミラコスタに戻りチェックイン。
お部屋はヴェネツィアサイドのトリプルルーム。
部屋の窓からは「ヴェネツィアンゴンドラ」の
乗り場が眼下に見えます。

一人でシャワーを浴びて着替えをしてから、
ホテル内の「ヴェラヴィスタラウンジ」へ。
ここで、風呂上りのビールを1杯。美味い^^
更にマッカラン12年をロックで1杯。
上機嫌でモノレールに乗り、ランドへ。
この間に奥さん子供はFPを利用して
「ビッグサンダーマウンテン」と
「スプラッシュマウンテン」に乗車したようです。

午後4時過ぎ、「カリブの海賊」の隣で
キャラクターグリーティングを行っていた
「ジャック・スパロー」を発見。
もちろん、中身は「ジョニー・デップ」ではありませんw
写真がピンボケで残念。

この後、家族と合流し、
「ブルー・バイユーレストラン」で夕食。
このレストランは「カリブの海賊」と接しており、
店内は全体的に薄暗い雰囲気。
我が家の娘も数年前は怖くて仕方がなかったのですが、
今回は無問題。しかし、下の娘は食事が来る前に
沈没してしまいました^^;
上の娘は期間限定のスペシャルメニューを注文。
BBQソースのステーキがメイン。
前菜・メイン・デザート・パン・ドリンクで2990円。
オイラの奥さんはアラカルトで注文。
ま、お味はまずまずですw

その2に続く

修行の場、その1^^;この日は曇り空。
画像



















修行の場、その2^^;
画像



















「カリブの海賊」の行列。長い^^;
画像



















ラストの「ジャック・スパロー」、めっさ良く出来てます。
画像



















風呂上りの1杯、美味い^^
画像



















ゲート前でシンデレラ発見。
画像



















キャラグリ中の「ジャック・スパロー」、大人気です。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック