LIVE(DREAMS COME TRUE 2007)

8月19日(日)、ライブに行ってきました。
今年2回目のドリカムのライブです。
会場はさぬき市野外音楽広場テアトロン、
ライブタイトルは
「DREAMS COME TRUE
  WONDERLAND 2007
   ~ドリカムの夕べinさぬき~」です。

画像



















午前10時に高知を車で出発。
高速道路を2時間ドライブ。
さぬき市の大串公園には12時30分ごろ到着。
駐車場は大串公園の最上段。
平井堅さんのライブの時は最下段だったので、
会場までの移動が大変でしたが、
今回はずいぶん楽でした。

画像














奥さんと子供を車に残し、
一人で山道を登って、グッズ販売コーナーへ。
午後1時30分から販売開始予定で、
まだ30分以上時間があったのですが、
既に10人ほど並んでおりました。
40分ほど炎天下で過ごし、汗だく^^;
その甲斐あって、狙いのグッズが買えました。
会場限定Tシャツ、タオルマフラー、
ワルビー手ぬぐいにエコバッグまで。
サイリュムは福岡公演に参加した
大学の同級生と後輩に4本買って貰っていたのですが、
バッチ欲しさに2本追加購入。
これがなんと大当たりで、シークレットバッチ頂けました^^

画像














グッズ購入後、人の流れに逆らって、
再び駐車場まで戻り、車内で休憩。
午後3時過ぎにさぬきワイナリー内の
レストランで食事。しかも焼肉w
上ハラミ1人前680円。美味かったっす^^

画像














午後3時40分過ぎ、歩いて会場へ。
今度は家族4人で上り坂をアップ。
更に階段をダウンして会場に到着。
座席は14列目のほぼセンター。
会場が狭い事もありますが、
かなりステージが近くGOOD。

開演まで1時間ほどあったので、
当たりのバッチを交換し、
子供のためにかき氷を購入。
どちらも並びましたが、10分少々。
とにかく、グッズ販売も何もかも、
札幌の時とは雲泥の差。
プロモーターの違いでしょうか?
何もかもがスムーズでした。

しかし、この頃から遠方で雷の音が。
夕立のように一雨来そうな雰囲気で、
ステージの機材の上には透明のテントが
設営されていましたが、
何とか雨は降らずに持ちこたえ、
ライブ開始時にはテントも撤去されました。

で、注意事項の説明があった後、
ほぼ定刻の午後5時ライブスタートしました。
以下、ネタバレを含みますのでご注意を。

オープニングのワンダーランドのテーマは無し。
会場で流れていたドリのミュージックが止まり、
ステージのそこかしこから、
バンドのメンバーさんがワラワラ登場。
最後にドリのお二人登場。
1曲目は「うれしい!たのしい!大好き!」。
演奏後、最初のMC。
夕べのコンセプトの説明を吉田さんが行い、
いつもは吉田さんが最初のMCの締めに
「幸せにしてあげっからね!」とおっしゃるのですが、
この日はその役目を中村正人さんにタッチ。
で、「幸せになって帰ってください!」と叫んで、
2曲目の「薬指の決心」に。

その後も古い曲、新しい曲を織り交ぜ、
ライブは快調に進みました。
「大阪LOVER」は通常バージョンで披露。
そう言えば、平井堅さんのライブの時に、
会場のテアトロンはステージの前半分には
出て行ってはいけないとの話がありました。
会場の決まりでそうなっていると
平井さんは言っておりましたが、
「吉田美和さんなんかバーッと
 前に出て行っちゃいそうだけどねw」。
なんてMCされてましたが、
予想通り、吉田さん前半分に出まくりでしたw
ステージ前半分にも立ち居地のシルシあったので、
交渉の末、OK出たのかもしれません。

今回のワンダーランドでは、初の野外って事で、
吉田さんは終始興奮気味でした。
MCではさぬきうどんと小豆島名物の
そうめん(島の光)を食べたそうで、
「香川の麺はやばいっショ。」と喜んでおられました。

「PROUD OF YOU」では吉田さんが
見事なドラム演奏を披露。
吉田さんを中央に3人並んで
アクロバティックなスティック捌き。
いわゆるドラムラインってヤツですね。
最後の最後でスティックを回転させながら
左手から右手に放り投げた際に、
吉田さんキャッチミス^^;
しかし、向かって右の男の子が、
すぐさま予備のスティックを取り出し、
吉田さんに手渡したところでフィニッシュ。
フィニッシュ後、吉田さん照れ笑いでした。

「何度でも LOVE LOVE LOVE」の合唱は
すり鉢状の客席に陣取った観客が、
左右に2ステップを踏みゆれる様に吉田さん感動。
ここまでの雰囲気から練習なしで本場いけると踏んだらしく、
ステップと手拍子の指示だけで本番に。
ドーム公演と違い会場が狭いためか
一体感は格別に良かったようで、
今ツアー1の出来だったとお褒め頂きました。

しかし、終盤になって遂に雨が。
「未来予想図Ⅱ」は雨の中の熱唱となりました。
そして本編最後の曲は「あの夏の花火」。
雨も少し強くなっており、
演奏中は心配しておりましたが、
会場後方から見事に花火が上がりました。
札幌ドームで見たようなパツンパツンな
しょぼい花火でなく、本格的な打ち上げ花火。
マジで感動の嵐でした。

アンコールの際は大急ぎで着替えを済ませた
ドリのお二人が真っ先にステージに登場。
雨が強くなっていたので、
バンドの機材の上に再びテントを設営。
設営の作業中はドリのお二人がMC。
とにかく、水分補給と風邪を引かないようにと
終始観客の体調を気遣っておられました。

アンコールは全部で4曲。
遠くの方で雷が光っていましたが、
雨の方は次第に小降りになり、
新曲の「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」を
歌い終わる頃にはやんでおりました。

最後はバンドメンバーを紹介しながら退場。
そしてお約束の「よしだみわ~!」コール。
退場する際の中村正人さんのはしゃぎっぷりが
吉田さん以上で笑えました。

とにかく、最高のライブでした。
生で「サンキュ」や「未来予想図Ⅱ」を
聞けた事に感動。花火も見れたし、
やっぱドリのライブはこうでないとね。
札幌の借りを5倍、いや10倍の喜びで
返してもらった。そんな感じでした^^

画像















画像















画像















以下はこの日のセットリストです。

01.うれしい!たのしい!大好き!(LOVE GOES ON …)
02.薬指の決心(MILLION KISSES)
03.JET!!!(THE LOVE ROCKS)
04.go for it!(MAGIC)
05.マスカラまつげ(DIAMOND15)
06.朝がまた来る(the Monster)
07.サンキュ(DELICIOUS)
08.大阪LOVER(ご当地LOVER)
09.うれしはずかし朝帰り(LOVE GOES ON …)
10.ていうか(THE LOVE ROCKS)
11.Ola! Vitolia!(DIAMOND15)
12.LOVETIDE(MAGIC)~make me your own(the Monster)
13.さよならを待ってる(WONDER 3)
14.眼鏡越しの空(The Swinging Star)
15.空を読む(THE LOVE ROCKS)
16.星空が映る海(LOVE GOES ON …)
17.悲しいKiss(DREAMS COME TRUE)
18.やさしいキスをして(DIAMOND15)
19.PROUD OF YOU(THE LOVE ROCKS)
20.HAPPY HAPPY BIRTHDAY(MAGIC)
21.何度でも LOVE LOVE LOVE(LOVE UNLIMITED ∞)
22.彼は友達(MILLION KISSES)
23.SUNSHINE(THE LOVE ROCKS)
24.サヨナラ59ers!(アルバム未収録)
25.あなたに会いたくて(DREAMS COME TRUE)
26.時間旅行(WONDER 3)
27.未来予想図Ⅱ(LOVE GOES ON …)
28.あの夏の花火(The Swinging Star)
~アンコール~
29.きみにしか聞こえない(アルバム未収録)
30.ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~(新曲)
31.LOVE GOES ON・・・(LOVE GOES ON …)
32.決戦は金曜日(The Swinging Star)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まごころ
2007年08月20日 07:26
詳しいライブレポありがとうございました。
今回は、とっても楽しめて、よかったですね。
グランパスエイトさんのおかげで、私も幸せいただきました。
2007年08月20日 18:37
記事アップしたのが夜中でしたが、
早速読んでいただけたようで^^
コメントありがとうございました。
中村正人さんのドリブログにもありますが、
雨の中「未来予想図Ⅱ」を歌う
男前な吉田美和さん、最高でした^^
今回は娘も一緒に家族4人で参戦でしたが、
「何度でも LOVE LOVE LOVE」の教則本での
予習が効いて、十分に楽しめたようです。
こうなると、DWL本編が見たくなるのですが、
流石に厳しいな~。だって何度見ても
いいものはイインですよ。

この記事へのトラックバック