LIVE(CHAGE & ASKA)

4月28日(土)、香川県県民ホールで行われた
CHAGE & ASKAのLiveに行ってきました。
ツアータイトルは
 「日清製粉グループ presents
   CHAGE & ASKA
    CONCERT TOUR 2007
     "DOUBLE"」です。

CHAGE & ASKAのライブは今回で2回目。
前回は2004年10月6日に
高知県民文化ホールで行われた
彼らの25周年記念ツアーでした。
当時はまだこのブログもなく、
高知に来るので行ってみようかと思い、
軽い気持ちで訪れたのですが、
「YAH YAH YAH」から「SAY YES」という、
反則といっても過言ではないセットリストで
すっかり魅了された事を覚えております。


以下はネタバレありです。ご注意を。


この日の座席は2階3列目。
この会場の2階席は両サイドが
バルコニー感覚で前に飛び出しており、
左端の方だったので、ステージがかなり近い。
1階席の真ん中よりも更に前ぐらいでした。

予定より少し遅れて、6時10分ごろスタート。
まずはオープニングムービーの上映。
そして、ムービーを映写している
幕の向こうに2人が登場。
1曲目は「恋人はワイン色」。
この時、お二人の立ち居地が通常とは逆に。
二人の間隔は常に2m10cmってのは、
「トリビアの泉」でも紹介された有名な話。
立ち位置もむかって右にASKAさん、
左にCHAGEさんのはずなのですが、
この曲のみ左右が苦になっておりました。
2曲目からは本来の立ち居地に戻り、
最新アルバム「W」の曲を中心に。

途中のMCではライブ開催日の4月28日にちなんで、
4月28日生まれの有名人をCHAGEさんが紹介。
オスカー・シンドラー、サダム・フセイン、グレート小鹿。
サダム・フセインに対してASKAさんが
「元気かな~?」とコメント。(処刑されてるっちゅうねんw)
フセインよりも喰いついたのがグレート小鹿。
オイラが小学生の時に全日本プロレスで
活躍していたのをうっすら覚えてますが、
会場のほとんどを占める30~40代の女性は
ポカ~ン、そしてシ~ン。
チャゲアスお二人の盛り上がり様と
会場とのGAPに笑えました。

観客席をバックに記念撮影をしたり、
アコースティックギターで演奏があったり、
デビュー28年目を迎えたお二人ですが、
ステージの構成は流石の一言。
やはりこのレベルのベテランになると
安心してステージを見られますね。
そして当然の事ですが、
お二人とも歌唱力抜群。
特にASKAさんの高音は絶好調。
セットリストの中で印象的だったのは
「PRIDE」。とにかく圧倒される迫力でした。

終盤はノリノリの曲を立て続けに披露。
そして、待ってました「YAH YAH YAH」。
最後は再び、幕が下りてきてエンドロール。
しかし、幕の向こうに再びお二人が登場し、
「SAY YES」を1番のみ唄って終了。
エンディングムービーではこの日のライブの様子や、
オープニングムービーの撮影秘話などが紹介され、
8時40分ライブ終了。

アンコールが一切ないのが彼らのスタイルです。
終わりがはっきりしていて、こういうのもありですね。

以下はこの日のセットリストです。
曲順はイマイチ自信ありません^^;

  opening movie
1.恋人はワイン色(RHAPSODY)
2.僕はMusic(DOUBLE)
3.ボクラのカケラ(DOUBLE)
4.パパラッチはどっち(DOUBLE)
5.ベンチ(CODE NEME.1 Brother Sun)
6.風のライオン(RHAPSODY)
7.no doubt(NO DOUBT)
8.地球生まれの宇宙人(DOUBLE)
9.Here & There(DOUBLE)
10.crossroad~いまを生きる僕を~(DOUBLE)
11.熱い想い(熱い想い)
12.PRIDE(PRIDE)
13.明け方の君(TREE)
14.Wasting Time(DOUBLE)
15.夢の番人(RED HILL)
16.GUYS(GUYS)
17.Sea of Gray(CODE NAME.2 SISTER MOON)
18.YAH YAH YAH(RED HILL)
19.can do now(CODE NEME.1 Brother Sun)
20.Man and Woman(DOUBLE)
21.SAY YES(TREE)
   Ending Movie

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック