どろろ

1月27日(土)、映画見てきました。
今年の予定(映画編)で紹介した「どろろ」。
主人公の百鬼丸には若手俳優No.1の妻夫木聡、
物語のタイトルにもなっているどろろに柴咲コウ。
百鬼丸の父:醍醐景光に中井貴一、
百鬼丸の弟:多宝丸に瑛太、
他にも、土屋アンナ・原田美枝子・原田芳雄
中村嘉葎雄・杉本哲多・劇団ひとりなどなど、
なかなか粒ぞろいなキャストです。

原作は1967年に描かれた
手塚治虫の同名漫画。
40年前にこのような物語を創作した
手塚治虫の創造力に感嘆。
魔物に体の48ヶ所を奪われ、
肉塊として生まれた百鬼丸に秘術を施し、
心臓や手足・義眼を与える様子は
今回の映画の中でもCGを駆使して
見事に描かれていますが、
このあたりのアイディアは、
医学部出身である手塚治虫ならでは。
「ブラック・ジャック」に通じる所もあります。

映画の出来はまずまずですが、
見終わった感想としてはイマイチかな。
芋虫の妖怪が張りぼてっぽかったり、
醍醐景光のお城が「戦国自衛隊1549」の
安土城に似てたりと、?な所もチラホラ。
残念なのは映画のために物語り序盤の
妖怪退治のエピソードがはしょられて
戦うシーンのみになっている点。
上映時間の都合もあるし、
細かく描くと余計と言われるし・・・。
仕方がない部分ではありますが、
原作を読んでいると少しガッカリですね。
この点はTVシリーズにすると
時間的にいいかもしれません。

百鬼丸とどろろの関係についても、
原作では子供であるどろろを
柴咲コウが演じている時点で違和感が・・・。
原作ではどろろの無邪気さに百鬼丸も心を許し、
旅を続けていく中で、男の子だと思っていたどろろが、
実は女の子であったと言う事に気づき、
2人の関係が微妙に変わってくるのですが、
映画では百鬼丸に一発で
女であると見破られており、
なんかしっくりこないんですよね。
柴咲コウは原作のイメージを壊さないように
コミカルな演技で、どろろを子供っぽく、
男の子っぽく演じているのですが・・・。

百鬼丸の体の変化を描いたCGは見事ですが、
物語としてはなんとも中途半端ですね。
百鬼丸とどろろの関係が希薄で・・・。
この辺は、物語の序盤をはしょっているためと思われます。

オイラ的にはちょっと期待外れな作品でした^^;

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「どろろ」について

    Excerpt: 「どろろ」について 映画を観る以前から手塚治虫の原作は知っていたし、内容的には放送禁止になりそうな部分が多々あることも知っていたので、映画ではどう料理するのかなと思っていました。 感想から言えば、.. Weblog: FAZZ日記 racked: 2007-02-15 11:31
  • 妻夫木聡&柴咲コウ主演「どろろ」映画版DVDが7月発売

    Excerpt: 妻夫木聡(つまぶきさとし)さんと女優の柴咲コウさん主演の映画「どろろ」のDVDが決定、7月13日に発売されます。どろろ コレクターズ・エディション「どろろ」は、手塚治虫さんが67年に発表したマンガで、.. Weblog: racked: 2007-05-04 18:45
  • どろろ 映画

    Excerpt: 概要 手塚治虫の同名漫画『どろろ』の実写映画版。 原作は戦国時代を舞台にしていた... Weblog: どろろ 映画 / コミック racked: 2007-05-09 01:25
  • どろろ Complete BOX

    Excerpt: どろろ Complete BOX どろろ Complete BOX手塚治虫おす... Weblog: どろろ 映画 / コミック racked: 2007-05-13 17:44