第31回エリザベス女王杯(予想)

さて、まもなく発走になるエリザベス女王杯。
注目はオークス・秋華賞を連覇した3歳馬のカワカミプリンセスと、
天皇賞で1番人気ながら5着に敗れた古馬のスイープトウショウです。
日本では通常は古馬有利と考える事が多く、
また牝馬限定のレースでは、牡馬との対戦実績のある馬を
有力視するのが定石です。
しかし、今年のスイープは調教面で不安あり。
前走では馬体重が12kgも減っていたように、
前々走の京都大賞典の反動があったのか・・・?
そこから中1週での出走はやや厳しいかと・・・。
昨年も天皇賞5着から、秋華賞では巻き返し勝利した訳ですが、
今年は押さえにとどめようかと思います。

で。二者択一から軸馬はカワカミプリンセスを指名。
ローテーション的にも理想的だと思います。
これを軸に馬連で、秋華賞2着のアサヒライジング。
ルメール騎乗で浮上が期待されるシェルズレイ。
秋華賞から200mの距離延長で逆転が期待されるフサイチパンドラ。
古馬勢は人気薄のヤマニンシュクルと、
「世界のSUMII」となった角居厩舎のディアデラノビアまで。
抑えに前述のスイープトウショウの計6点。
合計6000円で勝負です。

ちなみにスイープの馬体重は6kg増の464kgです。
復調してるのかな・・・?

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック