ドイツワールドカップ旅行記その6

6月22日(木)
この日も午前7時に起床。
ホテル内で朝食。メニューは前日とほぼ同じ。
荷物の整理をしてから、同室のM橋さんとデュッセルドルフ中央駅へ。
列車の切符を買って、ケルン中央駅まで移動。
列車内は大混雑。地元の学生の集団と遭遇。
社会見学か何かでしょうか、ケルンまで移動中だった模様。
駅に降りてからホームで記念撮影。
背丈はおいらと同じくらい。けど顔ちっさい。
年齢を尋ねたら15歳だって。若いね^^;
駅を出たら、まずはお目当てのケルン大聖堂へ。
駅の直ぐそばにあるんですが、とにかくデカイ。
その高さ157m、でかすぎて、カメラに収まり切りません。
画像



















大聖堂内への入場は、午前10時からのようで、付近を散策。
M橋さんは新潟で少年サッカーの監督をしているそうで、
チームの子供たちのお土産に、ドイツカラーのリストバンドを買っていました。
なんと25個も。う~ん、大変ですね^^;
大聖堂の周辺には、ブルガリなどのブティックから、
アメ横にあるような少しいかがわしい店まで、色々です。
そうこうしている内に、午前10時を過ぎたので大聖堂内に。
入場は無料。内部はさすがに教会。厳かな雰囲気です。
圧倒されたのはその内部に飾ってあるステンドグラス。
「バイエルン窓」と呼ばれているそうですが、とにかく美しい。
画像














一通り回って、駅に戻りました。
ケルン中央駅の構内の屋根にアディダスの広告が。
大聖堂の雰囲気にかけているのだと思いますが、
宗教画の天使が描かれる位置に、サッカー選手が描かれています。
ジダン・ベッカム・バラック・中村俊介などなど。お金かけてますねw
画像














ケルン中央駅周辺にも各国サポーターがウジャウジャ。
しかし、特に目立ったのは、日本とブラジルのサポでした。
ブラジル人はこちらを見ると「ニッポン!ニッポン!」と声をかけてくるので、
こちらも、「ブラジ~ル!ブラジ~ル!」と返しては、記念撮影。
もう少し、ケルン中央駅付近を散策したかったのですが、
この日は前日までと違い、風も強くてめっちゃ寒かったのです。
おいらとM橋さんは前日までの調子で、短パンに半そでの代表ユニ。
相談の結果、ホテルに一度戻って、着替える事に。
下はGパン、上は代用ユニの下に長袖のシャツ。
長袖シャツは1枚しか持って来てなかったのですが、正解でした。
再度出かける前に、パブでビール。もちろんアルト。
フロントのおね~ちゃんと談笑。なかなかかわいい^^
画像














再び路面電車でデュッセルドルフ中央駅に。
そろそろお昼になるって事で、デュッセルドルフで有名な日本料理の店に。
画像














M橋さんはカツ丼、おいらは焼肉丼を注文。
久しぶりに米。美味い。自分が日本人である事を痛感^^;
画像














食後は、再び「nakata. net Cafe」に行き、ブログのカキコ
集合時間が迫っていたので、急いでホテルに戻り、
バスに乗り込んでスタジアムへ向かいました。

その7に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック