カーズ

画像7月10日(日)、
夏休み映画第一弾
で、カーズを
見てきました。
いつものシネコン
に娘2人と
連れ立って
午前8時45分に
到着。この日はポケモンの試写会があったようで早朝から大混雑。
飲み物を買い込み、上映開始ギリギリの9時に滑り込みセーフ。

映画の方は、ウォルトディズニーの配給で、ピクサーの製作。
一時は袂を別っていた両者ですが、ディズニーがピクサーを
買収した事で、ゴールデンコンビ復活です。
まずは、ピクサー製作映画には恒例のショートフィルムから。
One Man Band」ですが、これだけでも結構面白い。

で、引き続き本編の「カーズ」。
これまた、中々の出来でした。
ま、ピクサー映画ははずした事ないと思いますが、
夏休みの家族向けにはもってこいの出来。
ストーリーは明快で、122分と少し眺めの上映時間でしたが、
テンポも良くて、時間は全く気になりませんでした。
ストーリーの方は、
「レーシング・スポーツの最高峰ピストン・カップにおいて、
史上初となる新人チャンピオンを狙う凄腕のルーキー。
レースで勝つことしか頭にないような自分勝手な性格のため、
これまで信頼できる仲間や友だちはひとりもいなかった。
しかし、小さな田舎町ラジエーター・スプリングスでの出来事が、
しだいに彼を変えていくことに・・・。」
といった内容。

日本語吹き替え版で見たのですが、
普段は気になる吹き替えの声優さんも、この日はノープロブレム。
主人公の「ライトニング・マックイーン」は本職の声優さん。
ヒロインの「サリー」は、アンパンマン役でおなじみの戸田恵子さん。
そして、日本語吹き替え版の目玉が、「マックイーン」の友人となる
「メーター」を演じた”ぐっさん”こと、山口智充さん。
得意のモノマネは封印して、陽気な「メーター」を演じていました。
下手な俳優さんが行うアフレコとは比べ物になりません。
しかし、おいらが一番気に入ったのは、パンツェッタ・ジローラモさん。
役どころが、ラジエーター・スプリングスでタイヤ屋を営む「ルイージ」。
ちなみに「ルイージ」はイタリア車の1959年型フィアット500との事。
フェラーリとイタリアをこよなく愛するキャラが、まさにはまり役でした。
餅は餅屋、イタリア人役にはイタリア人ですね^^
ちなみに、物語の鍵となる「ドッグ・ハドソン」は、
ポール・ニューマンが吹き替えをしていたようです。豪華ですね。

CGを駆使した映像も見事。
カーレースのシーンの迫力もGOODですが、
田舎町ラジエーター・スプリングスの郊外の風景が最高。
本当に素晴らしい出来です。
特に大画面で見る方が映えると思うので、
映画館での観賞がお勧め。

エンドロールのおまけ的な映像にもクスクス。
最後までお見逃し無く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • クルマの友情 『カーズ』

    Excerpt: Wカップの優勝よりも、頭突きしたジタンがフューチャーされているような? というわけで「カーズ(日本語吹替版)」観ました。 排ガスとかどうなんだろう・・・・・・。 今度の奇跡は、[クルマの世界.. Weblog: 多趣味でもいいじゃないか racked: 2006-07-12 19:46