マイホーム16

画像日曜のお昼に様子見てきました。
この日は工事がお休み。
こっそり、中まで入ってきました。
施主なので、堂々と入れるんですが、
たびたび覗きに行くと、作業員の方も
仕事しにくいんじゃないですか・・^^;

で、本日1枚目の画像が駐車場。
いつもの写真はこの外から
正面の建物を撮影しています。
この写真は駐車場内部から撮影。
左側にハリアー、右側にイストを
駐車する予定。結構広いです。
画像の更に左に自転車置き場。
そして、その外(左側)が玄関になります。玄関のアプローチは少し広め。
普通乗用車1台ぐらいは停められるスペースがあり、最大で車3台駐車できるようになってます。

画像2枚目の画像はリビングです。
左奥の壁に薄型のTVを置く予定。
プラズマか液晶か、悩んでます。
出来るだけ大きいのがいいですが、
流石に65インチは手が出ません^^;
リビングの右側が中庭で、
ウッドデッキを作る予定。
リビングとデッキをフラットにして、
より解放的な感じを狙ってみました。
画面手前がダイニングになり、
立ち位置がキッチンになります。
キッチンの右隣がサニタリーで、
トイレ・洗濯機・お風呂を配置します。


画像これはリビングの別角度の画像。
中庭を正面に見た形です。
右手奥は2階に上がる階段。
正面奥は玄関から続く廊下で、
その更に奥が駐車場です。
左手が玄関になり、
玄関横には中庭に通じる
階段を作る予定。
こうして見ると、大きいですね。






画像2階部分はコンクリートを
流した時の型枠がまだ完全に
取れていませんでした。
これは寝室部分の画像。
リビングの真上になります。
奥が少し高くなってるのは、
1階のリビング部分と
ダイニング部分の高さが
違うためです。
リビングの方が、少し高いんですよ。
で、寝室部分の内装は、
正面奥と左億の壁面は全て収納に。
高い部分の真ん中にベッドを。
低い部分には机(鏡台)を置く予定。
段差の部分には両サイドに階段を
2段か3段設置します。
これはこれでオシャレな感じになるかなと・・・^^

現時点ではこんな感じです。
2階部分の画像で分かると思いますが、屋根がまだありません^^;
コンクリで作るのは2階の壁までで、屋根は木造になります。
これから2階部分の屋根を作りつつ、1階部分の内装を行うのかな・・・。
来月末には、ずい分完成に近づくものと思います。
懸念されていたインターネットの光ファイバーに関しても、
NTTに申し込む事で、4月までに導入できそうな感じです。一安心^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

いせざきちょう
2006年02月01日 13:06
すごい!すてきですねえ!二階全部木造かと思ってましたが、屋根だけなんですね。完成が待ち遠しいですね。テラスの雰囲気も良さそうですね。
光も良かったですね。ケーブルテレビでは地域ごとにある程度契約数がそろわないと開通できなかったと思いますが、NTTもそうでしょうか?
2006年02月01日 17:49
どもどもです^^
光も同じですね。
申し込みが多い区域から優先的に工事行うようです。
うちの場合、東隣のH眼科が2月10日ごろ、
西隣のお米屋さんが2月20日ごろで、
我が家も2月中には工事出来るとの事で、
早速、本日申し込みを完了しました。
ちなみに光電話も併用の場合は、電話加入権が不要で、
既存の電話線の引き込みも不要(ま、ある意味当然ですが)、
しかも月々の基本使用量が500円でかなり安いです^^
いせざきちょう
2006年02月02日 15:06
たしか○ECOMは、通信料がNTT回線のみだったように思います。うちは二世帯なので私たちはピカラのIP電話ですが、親世帯が以前の電話番号を引き継ぎNTT回線もひいたので、○ECOMの通信(留守設定のON/OFF)は親回線を通じて行ってます。先生はどうされますか?
2006年02月03日 01:39
心配になって、早速○ECOM問い合わせしました。
光ファイバーにも対応可能だそうです。
専用の変換機を利用して通信するそうです。
今回は現住所と引越し先が同じ局内だったので、
電話番号は変えなくても大丈夫でした。
光電話の場合、前述のように電話加入権不要です。
ですから、引越しと同時に現在使用している電話加入権は、
休止扱いになるそうです。
いせざきちょう
2006年02月03日 20:48
そうですか。よかった。1年前は確かにNTT回線でないとややこしくなると聞いていました。○ECOMもちゃんと時代に追いついてますね。

この記事へのトラックバック