マイホーム12

画像
11月24日(木)に設計士さんとの面談。
2階部分の照明・コンセントの確認。
風呂場のタイルの仕様や、
照明スイッチのパネルの仕様等、
細部を少しずつ決めている状況。

工事の方は予定より少し遅れ気味。
これは起工式が9月23日から
10月1日に変更したためです^^;
右画像は11月27日(日)の物です。
1階の壁と2階の床部分の工事中で、
鉄筋を組んでいる状態です。

で、今週はセキュリティー面を考慮してSECOMの導入を検討しておりました。
前回面談時にお願いしていた見積もりが24日に届いており、設計事務所で拝見。
そして27日午後に自宅の方にSECOMの営業の方に来て頂きました。
ところが、この営業マンが女性、って言うか、女の子^^;高校生?って思うぐらい幼い感じ。
一生懸命に営業トークしてくれるんですが、てんぱってる印象。
しかも、こちらには既にSECOM導入しているO林先生も参加。
「ぶっちゃけ、うちの場合はかなり値引きしてもらいましたよ。」
などど発言し、強引に値引きを迫る。営業ガールはタジタジ^^;
結局、各種仕様を説明してもらい、必要経費の説明を受け終了。
若干の内容の変更をお願いし、再度見積もりを持ってきてもらう事になりました。
ちなみに、SECOMの契約は大きく2種類に分かれており、
警備に必要な警報やセンサーを購入して、月々のサービス料金を安くする契約と、
機材をレンタルで安く済ませ、月々のサービス料が高くなる契約があります。
レンタルの場合は最低5年はサービスを契約しなければなりませんが、
初期費用は購入する場合に比較して3分の1ほどでいけます。
ただし、月々のサービス料はレンタルだと購入する場合に比べ、倍近くなります。

で、11月29日(火)に営業ガールが上司を伴って職場に来てくれました。
上司の判断で、条件をいくつかつける事で、少し値引きして頂きました。
11月30日(水)に最終的に契約を行いました。
その時に営業ガールにお話を聞くと、実はこの4月に入社したばかりとの事。
ま、それはこちらの予想通りだったのですが、お父さんが内科医らしい。
詳しく聞いてみると、お父上は某医療センターのM田先生(S二郎先生でない方)。
M田先生はお若い頃に、実家の診療所にアルバイトに来てくれた事もあるらしい。
最近でも患者さんを紹介させて頂いたりとお世話になっている先生。
びびりました。いや~世間って狭いですね。ってか高知が狭い^^;

画像

次の画像は本日12月3日(土)。
1階部分の鉄筋にベニヤ板を張り、
それを外側から補強しています。
壁が出来るとやけに大きく感じますね。
鉄筋の両側のベニヤ板の隙間に
コンクリを流し、壁が出来上がる予定。
1階部分の壁と2階床部分を
同時にコンクリ流し込む予定で、
来週末にはコンクリ入れると思います。
天気が良い日が続くといいのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

いせざきちょう
2005年12月04日 13:48
おお!着々と進んでいますね。この様子だと、おとなりの建物の丸い窓は見えなくなってしまうのかな?監督さんにヘルメットを借りて一緒に中に入ってみたりするとおもしろいですよ。。。

この記事へのトラックバック

  • また大きな災害が襲う

    Excerpt: 能登半島で大きな地震が起った! 能登半島は歴史上の建築物、名所、名品、街並みと数多くある所だ! 私にとっても思い出のある場所でもあり、友人の暮らすところでもある。 歴史のある古い民家.. Weblog: 建築バカ日誌 racked: 2007-03-26 18:13