劇場版ポケットモンスター(ミュウと波導の勇者ルカリオ)

7月30日(土)、自分の子供二人と姉の子供一人、計3人の子供をつれて見てきました。
昨年も子供二人と見に行きましたが、ポケモン映画は良く出来てますね。
ストーリーもキッチリしており、なんと言っても安心して子供に見せられます。
上映時間も100分ほどで、子供も飽きずに見られます。
昨年・今年の2作しか見ていませんが、ポケモンとの交流を基礎として、
友情の大切さをテーマにしていると思います。
しかし、突っ込みどころも満載。
特に作品中にチラホラ出てくるパクリ画像には辟易します^^;

具体的に見ていくと、まずは物語に出てくるオルドラン城。
中世のヨーロッパの古城をモチーフにしており、
湖の真ん中にお城が建っていて、両側の対岸に城下町があります。
お城から対岸の町までは渡り廊下のような通路で結ばれています。
そうです、「ルパン三世カリオストロの城」のカリオストロ城のパクリです^^;
違うのはお城の屋根が丸いか四角かだけです。

次に登場人物。女性冒険家キッド・サマーズ。
実は大富豪のお嬢様のようで、衛星通信を駆使して執事と情報のやり取りをするのですが、
コレって完全に「トゥームレイダー」でアンジェリーナ・ジョリーが演じている「ララ・クロフト」^^;
更に、物語の中でキッドがオルドラン城の屋上で屋根から屋根に飛び移る様は、
カリオストロの城でのルパンそのものです。

更に更に、「世界の始まりの樹」なる場所で、様々なポケモンが遊ぶ姿は、
「風の谷のナウシカ」の腐海の様子のパクリです。
特に「ヤンヤンマ」とか言うトンボの形をしたポケモンは、ナウシカの「ダイオウヤンマ」ですね。

このように、「あ、なんかこれ見たことあるなっ」てのがジャンジャン出てきます。
子供は恐らく気がつかないのでしょうが、これってどうなんでしょう?
監督以下、製作スタッフのクリエイターとしてのモラルは無いのでしょうか?
ま、「宮崎駿をリスペクトしてるんだ」って言われれば、それまでですが・・・^^;
日本のアニメは世界に誇れるものだと思っていたのですが、チョットがっかり。

夏休みの間に子供連れてあと2回は映画見に行きそうです。
予告編で面白そうだったのは「ロボッツ」と「マダガスカル」。
特に「マダガスカル」は良さそうです^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック