グランパスの「今日はこんな事、やってみました」

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島に行ってきました(その1)

<<   作成日時 : 2009/03/11 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月7日(土)、一泊二日で広島に行って来ました。
今回は珍しく、JRで広島に行ったのですが、
いきなり予約してあった列車の時間を間違え、
1本後の列車に乗る羽目になってしまいました。
もちろん、指定席など含めて余分な出費も^^;
午前10時過ぎにJR高知駅から、
特急南風に乗車して岡山駅へ。
岡山からは新幹線のぞみで広島へ。
午後1時半過ぎに広島に到着しました。

すぐさま、駅に隣接するホテルグランヴィアへ。
午後1時からの研究会に出席。
最近、TVでも良く見かける大腸内視鏡の権威、
K藤先生の講演を拝聴する。
引き続き、一般演題の発表も聞く。
やはり、最近の流行はカプセル内視鏡と
ダブルバルーンの小腸内視鏡のようです。
小腸の内視鏡検査が出来るようになったので、
止血処置など治療内視鏡の症例発表が
これから増えてきそうですね。

休憩時間にホテルにチェックイン。
お部屋の窓からは見える球場は、
新しい広島市民球場でしょうか?
遠くにぼんやり見えるため、
はっきりは分かりません。

午後7時過ぎ、早めに会場を抜け出して、
タクシーで繁華街に出かけました。
本日の夕食は割烹「白鷹」。
店内は白木のカウンター席が12席。
まずはビールを注文、キリンの瓶ビール。
ちょうど目の前が女将さんの定位置のようで、
女将さんが直接、注文を聞いて下さいました。
お店の定番料理から、その日に仕入れた魚、
季節の料理などが楽しめるようです。

まずは刺身の盛り合わせを注文。
お醤油のお皿が2枚出され、
「どちらも同じ醤油ですが、鰯は生姜醤油で、
その他はわさびでお召し上がり下さい。」との事。
どれも美味しかったのですが、
なかでも鰯がオイラ好みの味でした。
更に「牛蒡の天麩羅」や「鰆の西京焼き」を注文。
お品書きを見ながら、おなかの具合と相談しつつ、
お酒のつまみを頼む感覚ですね。
女将さんのお勧めの「空豆」と「カニの内子」も注文。
空豆はいたってシンプル。内子の方は
独特の風味と塩味がお酒のあてにピッタリ。
このあたりで、ビールからお酒に変更。

ここで板前さんから「ノドグロはいかがですか?」
と声をかけて頂きました。北陸地方でとれるお魚ですが、
高知ではめったにお目にかかれません。
迷わずオーダー。「半分にしておきましょうか?」
との気遣いも頂きましたが、せっかくなので、
丸々一匹でお願いしました。
白身のお魚ですが、かなり脂が乗ってまおり、
絶妙な塩加減で大変美味しく頂きました。
〆は女将さんのお手製のおむすび。
中の具は数種類あるそうですが、
一番のお勧めは昔ながらの塩っ辛いシャケとの事。
パリッとした糊がご飯の熱でちょっとシンナリ。
中のおむすびはふっくら優しく握ってあります。
お持ち帰りしてる常連の方も見かけました。
お店の名物のようですね。

ビール・お酒も結構頂いて、お支払いは15000円。
大将から「ノドグロが少し値が張りましたので
申し訳ありません・・・。」とお気遣いも頂きましたが、
こちらとしては想定の範囲内。
他にも気になるメニューがあったので、
広島に来た際はまた是非伺いたいお店でした。

その2に続く

画像



















画像



















画像



















画像



















画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広島に行ってきました(その1) グランパスの「今日はこんな事、やってみました」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる