グランパスの「今日はこんな事、やってみました」

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀬戸内海島巡り(その8)

<<   作成日時 : 2007/08/02 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月23日(月)、午後6時30分から夕食。
夕食は旅館の母屋でいただきました。
宿の周辺は昔から醤油作りの盛んなところで、
しょうゆ懐石と呼ばれる夕食は、
本来脇役である醤油を中心にしたお献立。
小豆島の地の物・旬の物を使っているそうです。

まずは子供のメニューが運ばれてきました。
お子様メニューなのにキレイにかごに盛り付けてあり、
大人のメニューへの期待が膨らみます。
子供のメニューと同時に大人には食前酒。
小豆島のすもものカクテルでスタート。
薄いピンク色で鮮やかな色合い。
すももの酸味がほんのり、美味。

小引き素麺はそうめんを延ばす前のもので、
うどんのように少し太め。醤油を絞る前の
もろみを使ったおつゆでいただきます。
もろみの豆の風味が醤油と少し違ってて印象的。
さざえの沢煮は最後までクリッと取り出せてGOOD。

次にこの日の特別料理の登場。
特別料理は通常のコースには含まれておらず、
特別室(「ひし」「を」「で」の部屋)の宿泊客のみに
供される特別な一品のようです。
この日は「オコゼの刺身」。
オコゼの白身に旨味の濃い醤油が合います。
他にも皮身のコリコリした部分や、
肝もあり大満足の一品でした。

鱧の酢の物をはさんで、再び挿し盛。
ニシ貝・太刀魚・活き車海老などなど。
旨味の濃い再仕込み醤油と、
わさびを溶かしたもろみ醤油でいただきます。
しかし、一番美味しかったのは、きゅうりでした^^;
バキバキっと豪快に3つに割って、
もろみ醤油をつけると最高。
刺身の説明に来てくれたご主人の
「きゅうりはおかわりあります。」との説明に、
遠慮せずに更に2本もいただきました。
子供も大変気に入ったようで、奪い合いに^^;

その後も、真魚鰹の蒸し物(スープ仕立て)や
キスの塩焼き、焼きジャガイモなどなど、
趣向を凝らした品々が続き大満足。
締めは土鍋で炊いたご飯と味噌汁。
ご飯はおこげが絶妙とても香ばしく、
もろみ味噌と合わせると最高のハーモニー。

最後のデザートは醤油のアイス。
デザートまで醤油を使っている所がにくいです。
バニラ味のアイスに醤油のゼリーを混ぜてあるそうですが、
ほんのり醤油味がして美味でした。

大満足の夕食でした。

その9につづく

刺身の盛り合わせ。どれも新鮮。
きゅうりともろみ醤油の組み合わせは最高でした。
画像



















子供のメニュー。キレイに盛り付けてあります。
画像



















オコゼの刺身。食感の違いが楽しめます。
画像



















画像左が小引き素麺、手前がもろみつゆ。
画像















とても大きいキスの塩焼き。
画像















醤油のアイス、かなりさっぱりしたお味。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瀬戸内海島巡り(その8)  グランパスの「今日はこんな事、やってみました」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる