グランパスの「今日はこんな事、やってみました」

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀬戸内海島巡り(その7)

<<   作成日時 : 2007/07/30 02:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月23日(日)、午後1時40分。
高松港からフェリーで小豆島へ。
当日午前に小豆島の土庄高校の、
高校野球県予選の試合があったようで、
フェリーの中は応援帰りの高校生で満席。
天気も良く、高校生の熱気でかなりつらかったです^^;

土庄港に着いてからは、カーナビを頼りに孔雀園に。
小豆島は小学6年生の修学旅行以来、実に25年ぶり。
この孔雀園も修学旅行で訪れたのですが、
流石に25年もたつとかなりさびれてました。
25年前は音楽に合わせて孔雀の飛行ショーが見られたのですが、
現在は行われておらず、レストランも営業していませんでした。
しかし、以前は網の向こうでしか見られなかった孔雀が、
現在はほとんど放し飼いの状態で、
えさをあげたり、触ることも出来るようになっていました。
ちなみに孔雀園の営業は夏場がメインで、
12月から3月は休園しているそうです。
これは孔雀の繁殖期は5〜7月の夏場で、
オスが羽を広げる求愛のポーズも
この時期しか見えない事も要因のようですが、
やっぱお客さんが来ないからでしょうね^^;
ノーマルのカラフルな孔雀はもちろん、
めずらしい白孔雀も羽を広げた様子が見られました。

孔雀園の次はオリーブ園。
ここも小学生の時に訪れたのですが、
こちらはむしろ新しくなり整備されていました。
小豆島でオリーブ製品は一押しのようで、
昔はオリーブの塩漬け・オリーブ飴・オリーブ油
ぐらいしかなかったのですが、
現在は様々な商品が開発されているようです。
小学6年の時にここを訪れた時、
祖父へのお土産に300円で買ったオリーブの苗木は、
現在も我が家の庭に埋まっております。
しかし、オリーブの木は1本では実がなりにくく、
幹はずいぶん太くなったのですが、
実がなったことは一度も無いのです。
そこで以前から、いつか小豆島を再訪し、
もう1本苗木を買おうと思っていたのですが、
今年の春に姉からオリーブの苗木を2本もらったので、
今回はオリーブを見るだけで買いませんでした。
しかし、一言にオリーブと言っても、
色んな品種がるんですね。

オリーブ園を後にして、一路、今夜の宿泊地へ。
この日の宿は「真理」。
5年ほど前に雑誌で知った宿でしたが、
人気が高く、なかなか予約が取れませんでした。
今回、小豆島に訪れるにあたって、
3ヶ月前から宿の予約に奔走した次第。
ちなみにお部屋は全部で8室しかなく、
子供連れの宿泊は毎週月曜と第一土曜のみ。
そのため、今回の旅行は日曜→火曜の日程になったのです。

午後4時過ぎに宿に到着。
この日のお部屋は、宿で一番広い「で」のお部屋。
定員が6名のこの部屋は2間続きの部屋で、
居間と寝室をアンティーク硝子の格子で仕切っています。
2階には海を眺めることの出来るお風呂があり、
とてもゆったりした造りになっています。
お部屋に案内され説明を受けた後、
少ししてから再び仲居さんがお部屋に。
揚げたてのえびせんと甘くて冷たい抹茶のサービス。
えびせんはパリッとしていて懐かしいお味。
子供も大喜びでした。

休憩した後はお風呂に。
お部屋の2階のお風呂とは別に2ヶ所あり、
「石の湯」の内風呂の外に「木の湯」と言う露天風呂が、
「竹の湯」の外には「風の湯」と言う露天風呂があります。
内風呂と露天風呂がセットになっているのですが、
午後9時までは「石の湯」が男性用、
「竹の湯」が女性用になっており、
翌朝6時からは入れ替わる仕組み。
しかも、午後9時から午前6時までは家族風呂と称され、
どちらのお風呂でも開いていれば、
家族で利用できる仕組みになっています。
まずは「石の湯」と「気の湯」を堪能。
「石の湯」は文字通り石を利用した風呂桶で、
少ししなびた感じで風情がありました。

その8につづく

白い孔雀、キレイでした。
画像



















こちらはノーマルタイプの孔雀。
オイラはやっぱこちらの方が好きです。
画像















孔雀園の外観。
画像















オリーブ園の外観。
画像















「真理」の玄関前の風景。
画像















「で」の部屋の居間。
画像



















同じく、「で」の部屋の寝室。
画像



















2階の木のお風呂。
窓からの景色も最高でした。
画像



















えびせんべいと抹茶。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瀬戸内海島巡り(その7)  グランパスの「今日はこんな事、やってみました」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる